コンセプトは、Slow & Grow 愛媛県松山市に誕生した、積和不動産中国がお届けするSEKIWA WOODY TOWN 湯の山テラス

Slow & Glow ゆっくりと大きく育てる暮らし

image

家族流の暮らしを育てる

ウッドデッキを手作りしたり、家庭菜園で旬の野菜を育てたり、カフェ風にテーブルやイスを置いてみたり。家で過ごす時間が、家族の大切な想い出となり、かけがえのない財産へと育っていきます。

image

わが家を育てる

家族の成長にあわせて、家も変化していくべきだと思います。自分で手を加えていく余地を残した家、家族と一緒に成長していく家、そんな楽しみのある家づくりをすすめています。

image

コミュニティを育てる

家や街並みを構成する外構や植栽を、コミュニティの観点から計画。子ども達が仲良く遊んだり、ご近所さんと気軽に声を掛け合ったり。ゆとりある敷地と豊かな緑が、人と人を自然につないでいきます。

すぐれた街づくりへの開発理念

グリーンヒルズ湯の山では「人間性豊かな暮らしを提案します。」を開発理念として、新しい街作りを進めています。
ここでは、周囲の豊かな自然環境との調和を何よりも重視して「人と自然のふれあい」を大切にし、四季のうつろいを肌で感じる心豊かな街づくりをめざしています。今日、物質面の豊かさの陰で失いかけてきた人間相互の温もりを再び取り戻すため、人と住まいの関わりはもとより街全体の本来的な在り方を深め、「人と人とのふれあい」更には「人と自然のかたらい」までが可能な人間性豊かな暮らしを提案します。
住むほどに愛着を感じ、生涯に渡って満足できる街…
それがグリーンヒルズ湯の山です。

価値ある街づくりのための設計思想

グリーンヒルズ湯の山は、人と人、人と自然のふれあいを大切にしたいと考えています。光と風の中の緑豊かなこの地で、個々のライフスタイルを楽しみ、健康で心の豊かさを満喫したいと思います。
快適で幸福な生活を送るために、プライバシーに気を配り、植栽スペースを設け、隣棟スペースを設け、隣棟間隔を確保し、光を存分に取り入れるための日影制限等により、思いやり精神あふれる、街全体が自分たちの共有財産であると感じられる街になります。
精鋭スタッフが展開するオリジナリティに富んだ明日の住まいの提案と、すばらしい住み手のスクラムにより、すぐれた住まいの新しい方向性をきずいていきます。

分譲地としての防犯への配慮も!

グリーンヒルズ湯の山は、住宅街への入り口が2箇所に限定された分譲地で、それぞれの入り口には防犯カメラも設置・運用されており、住む方がより安心に過ごして頂けるよう配慮をした街づくりをおこなっています。
分譲地内の道幅も広く、見通しが良いのも特徴の1つ。また、大型の商業施設がないことや、いわゆる通り抜けの道として使われる場所ではないため、住民以外の車が通行する頻度も少なく、所用のある方以外は入ってこない住宅街となっています。

PAGE TOP